もやしの茹でる時間

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もやしを茹でる時間/何分がベストなゆで時間なの?


もやしの味は茹でる時間が決め手!
ゆで時間の解説

野菜を茹でることは、様々なメリットがあります。
まず殺菌効果です。
それと野菜の身を引き締め食感を強める働きもあるのです。
野菜を茹でる時に注意することはゆで時間です。
それでは、もやしのベストなゆで時間はどのくらいでしょうか?

時間配分を間違ってしまうと本来の味を失ってしまう場合があります。
ここではもやしを茹でるにあたって正しい時間を解説します。

スポンサーリンク

正しいゆで時間。


もやしのゆで時間はほんの少しで大丈夫です。

1分くらいが正しいゆで時間です。
「1分くらいで、もやしは変化するの?」と、思うかもしれませんが、これは目に見えて分かります。
まず、軸の部分の白さが鮮明になるのです。
これにより食感も変化し、見た目も食欲を誘います。
それでは、食感の変化なども詳しく解説していきます。

シャキシャキを食べたい!
茹で時間色々。

もやしの特筆する点はなんと言っても食感です。
シャキシャキ感がたまりませんよね!

このシャキシャキ感は茹で時間に秘密かあったのです。
あまり長い茹で時間だろしんなりしてしまいます。
ですので、1分あたりが妥当な茹で時間になります。
もっとシャキシャキ感を求めるなら、40秒ほどに茹で時間を変えてみてもいいでしょう。
40秒ほどでも殺菌効果は十分です。

スポンサーリンク

ラーメンの具にも使える!
正しいゆで時間とは?

ラーメンに入れる具材で名脇役がもやしですよね!

主に味噌ラーメンといった北部特有のラーメンにも、もやしは欠かせません。
それでは、ラーメンに入れるもやしはどの程度が正しいゆで時間なのでしょうか?
これは、1分半ほどが妥当なゆで時間です。
ラーメンに入れるもやしは、クタクタくらいが丁度いい食感なのですが、ラーメンを食べている間にどんどんクタクタになってくるので、鍋で時間を掛けてもやしを煮込む必要はないのです。

前半はもやし本来の味を楽しむ事ができ、後半はラーメンのスープを存分に吸ったもやしを楽しむ事が出来ます。
麺を食べ終わった後にスープに残るもやしは、絶品ですよね。
でも、塩分が高いので食べすぎには注意して下さいね。

人気低カロリー「もやしサラダ」の茹で時間。

もやしはサラダにしても大変美味しく食べる事が出来ますよね。

そのサラダに入れるもやしの茹で時間はどれが正解なのか?
これは非常に好みが分かれます。

レタスメインのサラダだと柔らかいもやしがおススメです。
茹で時間を2分ほどにしてからレタスの上に乗せるのがいいでしょう。
柔らかいもやしが、レタスの食感の邪魔をせず、両方美味しく食べる事ができます。

次に、もやしメインのサラダの場合です。
この場合はもやしの茹で時間を短くするのがいいでしょう。
おおよそ1分ほどに留めてください。
そうすることにより、もやしのシャキシャキ感を存分に味わえ、食べ応えのあるサラダに仕上げる事が出来ます。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加