もやしの消費期限

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もやしの消費期限について/消費期限は何日まで?


賞味期限と消費期限の違い。
期限が過ぎたもやしとは?

消費期限と賞味期限は似ているようで全くことなる表記です。

賞味期限は「食材を美味しく食べれる期間」
消費期限は「食材を安全に食べれる期間」
という定義があります。

それでは消費期限を過ぎたもやしは、どのような状態になるのでしょうか?
今回は短いと言われるもやしの消費期限を解説します。

スポンサーリンク

消費期限切れ。


もやしの消費期限は、賞味期限からおおよそで3日と言われています。
ですので、購入後1〜2日で食べ切ってしまうのがベストなのです。

消費期限切れになったもやしは悪臭を放ちます。
匂いがきつくない場合は、茹で上げたりする事で幾分かマシになるのですが、茹でても匂いが落ちないという場合は廃棄して下さい。
もやしは安いので、改めて買うほうがよっぽどお財布にも身体にも良いことだと思います。

賞味期限と消費期限の捉え方。

食材の賞味期限は、参考程度と考えるは普通の意見だと思います。
しかし、事に消費期限に関しては厳守する事をおすすめします。

確かに衛生上賞味期限、消費期限は早めに設定してある節があります。
ただ、それを考慮してももやしの傷みは早く注意するに越した事はないのです。

飲食店でのもやしの扱い方は非常にシビアで、消費期限どころか賞味期限が過ぎたら、すぐに廃棄する店がほとんどです。
使い勝手の良いもやしですが、こういったデメリットも当然存在するのです。

スポンサーリンク

「賞味期限切れ」、「消費期限が過ぎた」という事

賞味期限、消費期限が切れたり過ぎたりするのを防ぐには、献立の計画性にあるのです。

一週間の献立を考えれば消費期限切れは防げます。
献立を考えるということは、消費期限が過ぎるという事を回避すると共に、美味しい食卓にも繋がっていくのです。
全ての食材を無理なく、効率よく使う事が本当の、「料理上手」なんだと思います。

もやしの消費期限は短いという事は、一度に大量に作れるもやし料理を考えます。
例えば「レタス2:もやし8」のサラダなら、沢山もやしを消費できますし、期限が切れる恐れも軽減出来ます。

意外に多かった!
消費期限が書いてない食材。

「今時、消費期限が書いてない食品があるの?」と思う人もいるかもしれませんが、意外にあるんです。

主な例としては、農家から直売している野菜や完全輸入食品などは、消費期限も賞味期限も書いていないことがあるのです。
書いてない場合何を参考にすればいいの?という疑問が浮かびます。
これはもう勘に頼るしかありません。

その食材の匂いや色合いなどを見て判断してください。
もやしの場合は色が黒ずんできたら、傷み始めの合図です。
購入する際も色合いは非常に重要です。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加