もやしの食物繊維の量

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もやし1袋あたりの食物繊維の含有量について


気になる食物繊維含有量。
もやしの食物繊維は水溶性?

腸内の事を考えると食物繊維が気になるのではないでしょうか?
もやしの食物繊維の含有量はご存知でしょうか?
食物繊維の含有量の多い野菜はキャベツが有名ですよね。
キャベツと比較したらもやしはどの程度なのでしょうか?

また食物繊維は水溶性と不溶性があります。
水溶性だと水に漬けた時に食物繊維が流れ出てしまう恐れがあるんです。
今回はもやしの食物繊維の迫ります。

スポンサーリンク

食物繊維含有量はどのくらいなの?


もやしの食物繊維含有量は、他の野菜と比べてやや低くなります。
100gあたりに含まれる食物繊維含有量は、およそ2gです。

もやしを食べる事には沢山のメリットもありますが、食物繊維を沢山摂りたいなら、もやしという野菜は向いていないかもしれません。

ちなみに、もやし100gというのはスーパーなどで売っているもやしの半袋分程です。
そう考えると、かなりの量を食べても食物繊維は豊富に摂れないのが分かります。

100gに含まれる食物繊維量を他の野菜と比較してみました。

人が一日に必要としている食物繊維量は18gと言われています。

もやし100gの食物繊維含有量が2gということは、もやしをおおよそ1kg食べなくてはいけない計算になってしまいます。
もやし1kgというのは、ラーメン次郎でいうところの、「マシ・マシ・マシ」くらいです。
とても食べれる量じゃありません。

例えば、ごぼうは100gあたり食物繊維が6g入っています。
これなら、他の野菜と合わせて、無理なく食物繊維推進量を摂る事が出来ます。

スポンサーリンク

食物繊維の含有量・比較検証2〜キャベツ編〜

もやし100gあたりの食物繊維量と、キャベツ100gあたりの食物繊維量では、もやしの方が上です。

しかし、これは数字のマジックであり、先述したようにもやし100gはそこそこお腹に溜まります。
しかし、キャベツ100gは葉っぱ二枚ほどの重さになります。

ちなみに、キャベツの100gあたりの食物繊維量は1.8gと、もやしと大差ありません。
キャベツは、食物繊維に優れている野菜なので、比較されるもやしもかわいそうですが、食物繊維対決の軍配はキャベツにあがるかもしれません。

もやしの食物繊維は水溶性?不溶性?

食物繊維は水溶性、不溶性に分かれます。
どちらも腸内環境を良くする働きを持っており、食物繊維が人気たる理由になります。

もやしは水溶性、不溶性どちらの食物繊維を兼ね備えており、どちらかというと不溶性の食物繊維を多く含有しています。
ですので、茹でたり洗ったりしても、食物繊維が流れ出てしまう事も少なく安心して調理できる食材なのです。

また、不溶性の食物繊維は便通を改善させ、有害物質(発ガン物質)を体外に出す働きもあるんです。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加