もやしが傷まない冷凍保存方法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もやしの冷凍保存法/もやしを傷ませずに冷凍保存する方法とは?


冷凍保存法の極意とは?
もやしは長持ち出来るんです!

食材を長持ちさせたいというのが自炊する人にとっての命題でしょう。
もやしはすぐに傷んでしまうというイメージがありますが、冷凍による保存法を覚えると意外に長く保存できます。

もやしを冷凍する前にしなくてはいけない事や、保存法の種類など一挙に解説します。
ちょっとした工夫でこんなにも長持ちさせる事が出来るんです。

スポンサーリンク

冷凍保存法は下準備が大事!


冷凍保存法に共通する事は、「どれほど元の品質を保つ事が出来るの?」という事に尽きます。
買ったもやしをそのまま冷凍庫に放り込むだけでは、冷凍庫焼けを起こし品質どころか保存もままならないでしょう。
冷凍保存法は下準備が重要です。

例えば、「キャベツは芯を取り除いてから冷凍すると長持ちする」と言われています。
それではもやしはどうでしょうか?
詳しく解説していきます。

まずくしない為に。
冷凍で保存期間を伸ばすコツ。

もやしの冷凍保存の下準備で大事なのは、「茹で上げる」という事です。

熱湯したお湯に15秒ほどさらして水をきります。
その後、ジップロックやパックなどに入れる冷凍保存法です。
この下準備で保存期間が三週間ほどになります。

ここでの注意事項は下準備の際、長く茹ですぎるとしんなり感が強くなり、解凍後まずいもやしになってしまうことです。
また、水を切らず冷凍してしまうとまずいもやしどころか、すぐに傷んでしまう場合があるので注意が必要です。

保存期間を伸ばすには「短い手間で、長い期間」ということを念頭におきましょう。

スポンサーリンク

臭いは注意警告!

もやしは、傷み始めから少し酸っぱい臭いを放出します。
それは食材が発酵しかけている証拠です。
あまり食べる事はおすすめ出来ませんが、この臭いも茹で上げで解消出来るのです。
この状態からの冷凍保存は一週間を限度としてください。

よく水をきり、キッチンペーパーなどでしっかり水分を拭き取り冷凍してください。
解凍後は、再冷凍をせずに全部食べきってください。
これ以上冷凍を繰り返すと、品質が著しく下がってしまいます。

忙しい人におすすめ!
○○の作り置き。

もやしだけで冷凍保存するより、カットしたニンジンやキャベツ、豚肉などと、一緒にパックに入れて冷凍すると炒め物が楽になります。
いわゆる作り置きですが、もやしは色々な食材と相性が合うので、作り置きに欠かせない存在なのです。

帰宅してからの料理は結構面倒ですもんね。
冷凍庫に作り置きした野菜炒めは、熱したフライパンに投入する事で解凍と同時進行に調理する事も可能です。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加