もやしの生食

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もやしは生でも食べられる?もやしを生食する前の注意点


生もやしの危険性!
毒があるもやしって本当?
もやしの生食に迫ります

生の野菜の危険性は、何種類かパターンがあります。
一つは売り場に並んだ生野菜は色々な人が触り、雑菌が多く付いている場合があるので危険というパターン。
もう一つは、収穫から時間が経っているので、生食は危険というパターンです。

それではもやしの生食はどうでしょうか?
毒もやしの噂ご存知でしょうか。
この毒もやしの噂はどこからきたのかなども解説します。もやしの生食を徹底解説していきます。

スポンサーリンク

生が一番美味しい瞬間。


もやしを栽培している人から見れば、生もやしは美味しいというのが結論です。

収穫時の野菜というのは、スーパーなどで売っている野菜とは、比べ物にならないくらい新鮮で美味しいと聞きます。
もやしも例外ではなく、収穫時は甘みと歯ごたえが合わさって、売り場のもやしとは別物なのです。
つまり、生で美味しいのは収穫時ということになります。

逆に、スーパーなどで購入したもやしは熱を入れる事をおすすめします。

生食の危険性。

もやしの生食が危険と言われているのは、鮮度が問題なのです。
水分を多く含んでいるので、鮮度の落ちはとても早い野菜といえます。

購入側の私達は、そのもやしが何月何日に獲れたかは分かりません。
今さっき獲れたもやしを売っているスーパーは少ないと思います。
無理に生食という危険を冒すより、熱湯でサッと茹で上げれば安全ですので、無難にもやしを食べましょう!

スポンサーリンク

生で腹痛になる原因は...?

もやしを生で食べてしまった後、腹痛が起こってしまった!
それは雑菌が原因の場合がほとんどです。
食材が傷んでくると雑菌も繁殖します。
胃が弱い状態でその食材を食べてしまうと、雑菌による消化不良を起こし腹痛に至ります。

雑菌は熱湯で死滅するので、時間の経ったもやしは必ず煮沸してください。
生でどうしても食べたいという方は、最低でも賞味期限は守ってくださいね!

毒の真相。

もやしには毒がある!そんな噂が一時期広がった事があるんです。

それは間違いで噂には真相があります。
中国の工場で基準値を遥かに超えた防腐剤や薬品をもやしにかけて、輸入された事件がありました。
それを食べればお腹を壊すのは当然です。
毒もやし噂の始まりは中国の工場からきていました。

基準値があるということは、基準値を超えなきゃ薬品をかけてもいいということになります。
これを踏まえると、生もやしは薬品が付いている場合があるので、やはり生食は控えたほうがいいかもしれません。

「素材そのまま」という言葉は聞こえはいいのですが、昨今の食材への薬剤投与を考えると少し恐い食べ方なのです。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加