もやしの栄養価と栄養素

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もやしの栄養素にはどんな効果があるの?


もやしは低カロリーの王様!
果たして栄養素は?
効果についても解説

もやしのカロリーはとても低く、ダイエット食品の筆頭として挙げられます。

ところで、もやしの栄養素やその効果などはどうなのでしょうか?
新しい芽という意味を持つもやし。
なんだか生命力に溢れていて、栄養素も期待出来そうな感じですよね。
もやしに含まれている栄養素や、その効果なども解説していきます。
カロリーだけに捉われがちだったもやしの栄養をかいせつしていきます。

スポンサーリンク

栄養素のホントのところ。


インターネットなどで、「もやし」と検索すると、健康食品のように書かれていますが、実際に他の野菜と比較してみると、もやしの栄養素は低いというのが正解です。

なぜインターネット上では、こんなにも栄養素が高いと書いてあるのか?
もう、もやし業界の陰謀としか思えません。

身体に悪いというわけではありませんが、健康を意識した野菜ではありません。
それでは、もやしの栄養素はどの程度なのでしょうか?

栄養素とその栄養の効果とは?

例えば、もやしに含まれるビタミンCに関して言えば、様々な野菜と比較しても、下から数えたほうが早いという結果です。
野菜を摂るにあたって、ビタミンC は大事ですよね。
その効果は、美肌など女性には気になる栄養素だと思います。

さらに、血の巡りを良くする効果の鉄分や、骨の形成を助ける効果のカルシウムの含有量も低めです。
成人が一日に摂らなきゃいけない量を換算すると、もやし2kgは食べないといけません。

スポンサーリンク

カロリーの低さはどの野菜にも負けません。

もやしの特筆すべきところは、やはりカロリーでしょう。
それ以外は、特に目立った栄養素はないのです(食物繊維がやや多いですが)。

しかし、これは非常に大事なところです。
あれだけ食べ応えがある野菜のカロリーが低いのは、ダイエットをしている人にとっては嬉しい野菜でしょう。
このカロリーの低さにより、様々なダイエットレシピが考案されるのも注目すべき点なのです。

結局もやしの良いところはある?ない?

もやしは栄養素が全くないというわけではなく、世間で言われているよりは低いのです。

ただ、栄養素が少ないという事ばかりに気をとられていてはいけません。
もやしを健康野菜と考えるのではなく、普通の食材で考えた場合は、とても美味しい野菜なのです。

どの季節でも食べる事が出来て、レシピ数も豊富です。
牛肉、鶏、豚、魚の付け合せにしても美味しく頂け、メイン料理の味の邪魔をしない野菜です。

あと、忘れてはいけないのは安さですよね!
一袋(数百グラム)100円未満で購入できる野菜はもやしを除いて他にありません。
色々な角度からもやしを見てみると、魅力的なところが多い野菜と言えるのです。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加