もやしを英語で発音すると

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もやし(萌やし)の英語の発音


英語で「もやし」はMO・YA・SI?
発音なども解説

もやしは日本だけではなく、どの国でも食べられている野菜です。
それでは、英語での発音はどのようになるでしょうか?

大体の野菜は、和名も洋名も知っているという方も多いのではないでしょうか?
例えば、「ニンジン」は「キャロット」、「玉ネギ」は「オニオン」といった感じで、日本の英単語の浸透率は非常に高い傾向にあります。

しかし、「もやし」の英語は分からない人も多いかもしれません。
発音なども交えて解説していきます。和名とは全然異なるので、発音は勿論、綴りも覚えていきましょう!

スポンサーリンク

英語版は長かった!


英語版でもやしは「Soybean sprouts」と表記します。

もやしという言葉に普段から慣れてる私たちは、英語版もやしに少し戸惑いを覚えてしまいますよね。
そもそももやしは、新芽という意味からきています。

sproutsが、「芽」という意味で、Soybeanは、「豆」です。
単語+単語なので少し長く表記されます。
ただ英語の方が名前に忠実ですよね(笑)

英語で発音すると?!

もやしは英語で、「Soybean sprouts」。
それでは、気になる発音を解説していきます。

「ソイビン (ス)パーツ」スは短く発音して下さい。

普段英語圏で、「Soybean sprouts」はどのくらい使われるのでしょうか。
現地によると、レストランなどで「With or without Soybean sprouts?」と聞かれる事があるようです。
これは、「料理にもやしを入れてもいいですか?」というニュアンスになります。

ステーキ店などに行くと、もやしやニンジンが添えてあるのを見たことがあると思います。
英語圏ではそういった時に、もやしを付けるか否かを確認する店があるそうです。

スポンサーリンク

ナムル(??)を英訳すると...?

韓国の代表的料理であるナムル。
そもそもこの言葉の語源はなんなのでしょうか?

ナムルは「和えたもの」という意味を持っています。
英語で和える事を「Dress with」や、「Mix」と、表記します。

しかし、ナムルは英語でも「ナムル」なのです。
単語の綴りは「Namul」になります。

日本で使われる「もやしっ子」「もやし炒め」英語にすると...?

日本で「もやしっ子」という表現は、貧弱・軟弱な奴という意味を持っています。

それでは英語圏でのもやしっ子はどのような表現になるのでしょうか?

「Wimp」という表現が一番もやしっ子に近いかと思います。
「意気地なし」、「弱弱しい」、という意味をもっています。

それでは、「もやし炒め」はどうでしょうか?
これも日本では頻繁に使われる単語です。
英語圏で、もやし炒めは、「Stir-fried Bean Sprouts」と表記します。
「Stir-fried」という表現が重要で、これは「油を用いて素早く熱する」という意味が含まれています。

もやしは日本語とは全く違う表現で使われています。
ですので、覚えるのもちょっと大変ですね。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加