もやしと大豆もやしの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もやしと大豆の関係/もやしと大豆もやしの違いとは?


もやしは大豆や緑豆だけじゃなかった!
もやしの色々。

もやしとは総称の事で、一つの野菜を表しているわけではありません。
つまり、「大豆もやし」、「緑豆もやし」、「ブラックマッペもやし」などが、正しい表記になります。

もやしは、新芽という意味しか持っていませんので、何の新芽なのか?という事が今回の着目点になります。
例えば、大豆もやしと緑豆もやしは成分が違うのはご存知でしょうか?それも合わせて解説していきます。

スポンサーリンク

大豆もやし、緑豆もやしの使用用途とは!?


大豆もやし、緑豆もやし、ブラックマッペもやし、など種類は豊富ですが、一見どれも同じもやしに見えます。
おそらく見た目があまり変わらないので、○○もやしと表記されず、「もやし」とだけ表記されている事が多いのでしょう。

しかし、料理によって豆の種類を使い分けている飲食店はたくさんあります。
有名な大豆もやし、緑豆もやしがどのような料理に使われているか解説していきます。

大豆もやし、緑豆もやしの詳細。
料理によって種類を変えましょう!

スタンダードなもやしといえば、緑豆もやしです。
世界でも生産高1位を記録していて、焼・煮・蒸・サラダにしても、美味しく頂けます。
もやしの軸が太く食感が良いことも人気の一つです。

次に、人気のもやしは大豆もやしです。
大豆という名を冠しているだけあって豆が大きく、ナムルなどによく使用されます。
さらに、湯通ししても歯ごたえを失わず、シャキシャキ感に優れた大味なもやしになります。

細かく見てみると、同じもやしでも違いがあるのです。
料理の種類によって、その違いを見るのもいいかと思います。
緑豆もやしは先述したようにどんな料理にも対応出来るもやしなので、もやし料理入門編としておすすめします。

スポンサーリンク

注目成分「大豆イソフラボン」って何!?

近年注目されている大豆イソフラボン。
「大豆イソフラボン」とはなんでしょうか?

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た成分を持ち、寝不足や緊張などを改善する働きがあるのです。
また、腸内環境を良くする働きもあり、女性には非常に人気の高い成分です。

大豆もやしにも勿論この成分は含有しています。
大豆に比べるともやしは含有率がやや低いので、大量に食べなくてはいけません。
鍋やスープの具にして食べると、いつもより多めに食べれるのでおススメします。

大豆アレルギーの人は大豆もやしは食べれるの?

人によっては大豆アレルギーにより、豆類を食べる事が出来ない人もいます。
大豆アレルギーでも大豆もやしは大丈夫という人もいます。

また、加熱すれば食べれるという人もいるのです。
アレルギーは人によって症状が違うので、大豆アレルギーの人は少量の豆類を食べて様子を見てください。

また、アレルギーは年齢と共に回復する場合もあるので、少しずつ療養していきましょう!

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加