もやしを洗うことや洗わないことについて

このエントリーをはてなブックマークに追加   

もやしは洗う?洗わない?どちらが良いの?


「もやし洗う・洗わない論争」。
洗い方を間違えると栄養が減少するって本当?

「もやし洗う・洗わない論争」というのはご存知でしょうか?
これは、「キノコの山・たけのこの里論争」に近いものがあり、今でも小規模ですが論争の題目として挙げられています。

では、実際「洗う・洗わない」どちらがいいと思いますか?
洗う派の方は野菜の洗い方をご存知でしょうか?
野菜によっては、洗い方を間違えると栄養分が落ちてしまう場合があります。
もやしは洗い方によって栄養分が変化するのか、など、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

洗うのはNG派の理由。


野菜を洗う理由は、軽く雑菌を落とすという理由や、土汚れを落とすといった理由があります。

洗う事は衛生的に考えて悪い事ではありません。
しかし、長時間水に触れると野菜の成分が流れ出したりするのです。

もやしも例外ではなく、水に長時間漬けたり、触れていたりすると、どんどん栄養分が落ちていくので注意しましょう。

洗うと栄養が...

もやしを洗う派の言い分としては、「もやしは防腐剤などの薬剤が使われているので洗う」という意見です。
栄養という面ではなく、健康を意識した人が多いようです。
それもまた正解だと思います。

特に輸入物のもやしは衛生的に低いものも多く、一度水洗いしたいという気持ちは拭えません。
「もやし洗う・洗わない論争」はどっちも正しいのです。
考え方の違いが論争になったのでしょう。

スポンサーリンク

洗わずに加熱は画期的な方法。

衛生的にも、品質的にも一番効果があるのが洗わず加熱することです。
煮沸消毒ほど衛生的なものはありません。

それに、もやしが締まって味を濃厚にする働きもあるのです。
一挙両得な洗わずに加熱という方法。

もやしを買ってきたらまずお湯を沸かしましょう。
長い時間お湯に漬けるのではなく、サッと湯通しする事がこつです。
これだけでも、ほとんどの菌が除去されます。

正しく美味しい洗い方。

話がまた逆戻りするのですが、「洗う派」のもう一つの意見を紹介します。

本当に美味しいもやしを食べるには、もやしの根元にある「ヒゲ根」という部分を、取り除き水でサッと洗うと歯ごたえが良くなり、「最高のもやし」を食べられる、という話です。

確かに美味しく食べれそうですが、手間はもの凄く掛かりそうな下準備になります。
もやしのヒゲ根を一本一本チェックする作業は、なかなか神経を使います。
よっぽど時間がないと出来ませんよね(笑)

洗う事もヒゲ根を気にする事も勿論大事です。
でも、調理に時間を掛けられない人も大勢います。
その場合も考えても、「湯通し」が一番洗浄に優れていると言えるでしょう。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加